福岡県 久留米市 甲状腺/バセドウ 迎内科クリニック

診療内容
甲状腺について
糖尿病について
病院連携
 
ホーム > 診療内容 > 糖尿病について
糖尿病について
 
近年、社会問題となっている糖尿病ですが、当院ではインスリン療養中の患者様も含めて、管理をさせて頂く事が可能です。

良い血糖管理とは、HbA1cを6.5%以下に保ち、且つ、低血糖を起こさないことだと考えております。糖尿病を管理する指標は、検尿や随時血糖など色々な評価の方法がありますが、やはり、現在の所、HbA1cが最も目安になると考えております。この基準値は、病態や年齢との兼ね合いなども考慮しながら、患者様にとりまして最も生活のご負担にならない、そして、合併症の発症をより抑え込む基準を患者様それぞれに設定し、経過観察を行って参ります。

糖尿病は進行性の病気です。管理をさせて頂く経過の中で、内服薬の増量やインスリンの導入が不可避な患者様もおられますが、大切な事は、内服薬の増量をされたことやインスリンの導入に至った事ではなく、血糖管理をしっかりと行って行く事です。体重の厳格な管理や食事療法の順守は、この病気の進行を抑え込みます。逆に、体重や食事の管理が出来ていない患者様では治療薬の増量(インスリンも含む)が早まります。

このバランスをご理解頂きまして、糖尿病の治療を患者様とともに行って行きたいと考えております。

また、糖尿病は血管の病気です。動脈硬化を強くすすめる為、生活習慣病全体の管理を行う必要があります。高脂血症、血圧も厳格な管理が求められております。

ガイドラインに沿った管理を行って参りますのでご理解をお願い致します。
 
 
 
ページのトップへ